2010年04月13日

<福田陽一郎さん>死去、77歳=「ショーガール」など脚本(毎日新聞)

 ミュージカルのヒットシリーズ「ショーガール」などで知られる、演出家・脚本家の福田陽一郎(ふくだ・よういちろう)さんが11日、膵臓(すいぞう)がんのため東京都内の自宅で死去した。77歳。葬儀は近親者のみで行い、後日「お別れの会」を予定している。喪主は妻和子(かずこ)さん。

 日本テレビのディレクターを経て、1972年に、脚本・演出家として独立。都会的なセンスの現代劇を得意とした。

 脚本と演出を担当した「ショーガール」は、木の実ナナさんと細川俊之さんが主演し、東京・パルコ劇場で74年から88年まで続くロングランとなった。ほかの演出作に「シューズ・オン!」シリーズなど。08年6月に同劇場で上演されたニール・サイモン作「サンシャイン・ボーイズ」が、最後の演出作品となった。

城主気分、きょうまで…姫路城大天守、大修理へ(読売新聞)
タケノコ産地偽装、元社長に有罪=「倫理観欠如」と批判−名古屋地裁(時事通信)
「踏ん張りどころだ」=支持率低下に首相(時事通信)
ほど遠い「まごころ奉仕」経営 ペット死骸放棄に顧客、住民は動揺(産経新聞)
社民党が青森選挙区で元三沢市議を公認(産経新聞)
posted by コマキ サカキ at 12:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。