2010年05月11日

高知新聞が「黒潮マンガ大賞」を公募(産経新聞)

 高知新聞社が第22回「黒潮マンガ大賞」の作品を全国公募している。

 「自由」と「反骨」の郷土精神を受け継ぐ新たな才能を発掘しようと平成元年に創設され、これまでにプロとして活躍する漫画家たちを輩出。第18回の準大賞者、野村宗弘さんは現在、ヒット作「とろける鉄工所」を講談社のイブニングに連載している。

 募集作品は「ショートストーリー漫画」。12ページ以内の短編で1人2点まで(4コマ漫画、共同制作は不可)。B4〜A4版のケント紙の片面を使用し、インクなどは自由。カラー、モノクロも問わない。

 審査員は高知県出身の漫画家、西原理恵子さん、くさか里樹さんら。大賞賞金は50万円で、受賞作は小学館発行の漫画雑誌への掲載なども予定されている。

 応募の締め切りは、6月28日必着。応募先は〒780−8666 高知市本町3の2の15、高知新聞企業事業企画部「黒潮マンガ大賞」事務局まで。

谷川岳でスキー滑落 川崎の男性死亡(産経新聞)
<普天間移設>亀井氏「くい打ち方式案は困難」(毎日新聞)
普天間問題・閣僚から首相にエール 「約束は重いが実現は別問題」(産経新聞)
石炭火力 インドに省エネ指南 経産省 インフラ売り込みへ(産経新聞)
ニセの障害者手帳で高速料金を不正割引(読売新聞)
posted by コマキ サカキ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。