2010年05月29日

首相、罷免辞さず=福島氏は署名拒否強調―政府対処方針、午後決定・普天間(時事通信)

 懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で日米両国は28日午前、名護市の「キャンプ・シュワブ辺野古崎地区」周辺への移設を明記した共同声明を発表した。これを受け、政府は同日中の対処方針決定に向け、社民党の同意取り付けに全力を挙げた。しかし、声明からの「辺野古」の削除を求めていた社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は反発。対処方針への署名を拒否する姿勢を重ねて示した。鳩山由紀夫首相は、福島氏の罷免も辞さない構えで、緊迫した情勢が続いた。
 福島氏は同日午前、共同声明に移設先が明記されたことについて、国会内で記者団に「非常に残念だ。(対処方針には)署名しないと決めたので、それが党の方針だ」と述べ、政府対処方針への署名拒否を重ねて表明。自発的辞任に関しては「全く考えていない」と否定した。
 ただ、同党内では、連立政権からの離脱に慎重な声が多く、同日昼に福島氏や重野安正幹事長ら幹部が政府対処方針への対応について協議した。
 一方、首相は午前、首相公邸前で記者団に「きょう中に結論を出す」と表明。福島氏の同意が得られなくても、同日中に臨時閣議を開いて対処方針を決める考えだ。政府内では福島氏への反発が広がっており、首相側近は首相に「ここで決断しないとだめだ」と、反対姿勢を変えない場合は罷免するよう進言した。北沢俊美防衛相は記者会見で「閣内にとどまって反対することは内閣の存立を脅かす」と述べ、罷免もやむを得ないとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

種牛「忠富士」が感染、残り5頭は経過観察(読売新聞)
首相動静(5月20日)(時事通信)
室生寺金堂、内陣まで特別公開…仏像群を間近に(読売新聞)
郵便不正、供述調書の証拠採用却下 大阪地裁(産経新聞)
女子高生にわいせつ行為させる、学生ら3人逮捕(読売新聞)
posted by コマキ サカキ at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。